公園文化ロゴ

練習問題

解説

 第 1 問

季節の折り目となる日を節句といいます。陰暦9月9日の重陽の節句を祝う生け花の花材として、欠かせない植物は何でしょうか?

    ①  キキョウ
    ②  ハス
    ③  ヤマブキ
    ④  キク

  • 正解: キク

キクは広義にはキク科キク属の植物の総称ですが、狭義には主として観賞用として広く栽培されているキク科の多年草を指します。
古くから栽培され、多くの園芸品種が作りだされており、花の大きさや咲き方で大菊、中菊、小菊に分類され、さらにそれぞれが細分化されています。9月9日の重陽の節句を祝うのにキクは欠かせません。
日本には奈良時代の初期に中国から渡来したとされ、平安時代の初期から京都で栽培されていました。貴族社会では不老長寿の薬として、重陽の節句にはキクの花を酒に浮かせて飲み、キクの漢詩や和歌をつくりました。
代表的な節句として五節句があり、人日(1月7日)、上巳(3月3日)、端午(5月5日)、七夕(7月7日)、重陽(9月9日)の年5度の節句を総称していいます。この重陽の節句を祝うのにはキクが欠かせません。

 第 2 問

秋に楕円形の黄色の果実が熟し、その表面は、無毛でつるりとしています。果実酒の材料として人気があり、せきどめに効果があるといわれています。
この植物は何でしょうか?

    ①  アンズ
    ②  カリン
    ③  マルメロ
    ④  ビワ

  • 正解: カリン

カリンは中国原産で、日本へは江戸時代に渡来したといわれています。近年庭園樹木としても人気が高く、のどの整調治療の薬品にもカリンが使われており、馴染みのある植物となってきました。
カリンは中国家具の材料としては紫檀よりも安価なのですが、堅く緻密で美しい光沢があるため価値が感じられるようです。
選択肢にあるアンズ、カリン、マルメロ、ボケ、ビワはすべてバラ科の植物です。カリンとマルメロはよく似ていますが、果実の表面にうぶ毛があるのがマルメロ、ないのがカリンです。

 第 3 問

熱帯アジア地域で広く栽培されているウリ科の野菜ですが、日本では食用としてよりも観賞用に植えられています。ある動物を思い浮かべる形をしていますが、この植物は何でしょうか?

    ①  ヘビウリ
    ②  カラスウリ
    ③  テッポウウリ
    ④  スズメウリ

  • 正解: ヘビウリ

ヘビウリはカラスウリと同属で、日本には明治末ごろに入ったつる性草本です。つるはいくつかに分かれて他の植物にからまりながら日当たりのよい場所に伸びていきます。葉柄は長さ10〜15cm、葉も直径10〜15cmほどになり浅く3つに裂けます。花は白色で、6〜9月に咲き、花弁は5つに裂けて、弁先は糸状に細くなります。細長い果実は直径3〜4cm、長さ1〜2mになり、棚作りにすれば真っすぐにぶら下がりますが、地面に接すると問題の写真のようにくねくねとねじれながら伸び、まるで緑や白の蛇がいるのかと錯覚するほどです。緑色からだんだん白くなり、緑色の線状斑が入ります。熟すと橙色から赤色に変わります。
棚につるをはわせて夏の日陰棚づくりに、鉢植えで行灯仕立てで楽しむことができます。

 第 4 問

ジャガイモは、日本のほぼ全土で栽培され、栽培が容易で生育期間が短いため、小学校の学校園でもよく栽培されます。畑で栽培する際の一般的な方法はどれでしょうか?

    ①  直接種子をまく
    ②  葉を直接植え付ける
    ③  接ぎ木した苗を植え付ける
    ④  イモ(塊茎)を植え付ける

  • 正解: イモ(塊茎)を植え付ける

食用とされる部分で、サツマイモは塊根で根が変形したものですが、ジャガイモは塊茎です。畑で普通に栽培する際に植えつけるのは、この塊茎の部分です。
大きい種イモは鶏卵の半分くらいの大きさの30?40gに芽をつけて分割し、乾かして切り口が乾くまで待ちます。分割した種イモは、切り口が土に接するように置き、その3倍程度の厚さに覆土します。地域や栽培時期によりますが、4〜6ヶ月で地上部が枯れてきて、収穫できるようになります。

 第 5 問

夏から秋に道ばたなどに生え、大きな群落をつくります。その花粉は花粉症をおこすことでも知られています。
この植物は何でしょうか?

    ①  カモガヤ
    ②  ヨモギ
    ③  ブタクサ
    ④  ギシギシ

  • 正解: ブタクサ

ブタクサは北アメリカ原産のキク科の一年草ですが、現在はアジアやヨーロッパにも侵入しています。日本へは明治の初めごろに渡来して、昭和に入って急速に全国に広がりました。ブタクサの名前は、英名Hogweed(hog=豚、weed=雑草)から付けられました。
春にいっせいに葉を出します。葉は緑色が鮮やかで、ヨモギの葉のように深く切れ込んでいます。夏に向かってぐんぐん成長して高さ1.2mくらいになり、穂のような花を咲かせます。似た仲間に、茎の高さが3〜4mにもなるオオブタクサがあり、今ではこちらがふえているところもあります。

 第 6 問

福岡県にある王塚古墳の壁画(復元図)に描かれている文様は、ある植物の形になぞらえて、「【 】手文」と呼ばれています。
【 】にあてはまる植物は何でしょうか?

    ①  ワラビ
    ②  ツクシ
    ③  ゼンマイ
    ④  ウラジロ

  • 正解: ワラビ



ワラビは、多年生のシダ植物です。早春、拳状に巻いた新葉を出したワラビは「早蕨(さわらび)」と呼ばれ、その特徴的な形状から「蕨手(わらびて)」と称されました。先端が外の方に丸く湾曲した文様で、二本が背中合わせに組み合わされたものや、一本の先端が二つに別れたものなどの種類があります。縄文土器や銅鐸、装飾古墳などの遺例をはじめ、仏教彫刻や能装束などにも蕨手文が施された作品を見いだすことができます。
他にも、奈良時代から平安前期にかけて用いられた刀のなかに「蕨手刀」と呼ばれるものがありますが、これも柄頭(柄の先の部分)の形状が早蕨を連想させるところから名付けられたものです。

 第 7 問

植物の緑色の葉は、気孔を通して取り入れた【A】と、根から吸収した【B】を材料に、太陽の【C】のエネルギーを使ってデンプンを作ります。
【 】に当てはまる組み合わせは次のうちどれでしょうか?

    ①  A:二酸化炭素 B:肥料分 C:光
    ②  A:二酸化炭素 B:水 C:光
    ③  A:酸素 B:肥料分 C:熱
    ④  A:酸素 B:水 C:光

  • 正解: A:二酸化炭素 B:水 C:光

光合成をおこなう植物は、動物と違い、他の生物の助けがなくても生きることができます。植物の緑色の葉では、気孔から取り入れた二酸化炭素(炭酸ガス)と根から吸収した水を材料に、太陽光のエネルギーを利用して、細胞の葉緑体と呼ばれる部分で、デンプンのもととなる糖を合成しています。糖は貯蔵されてエネルギー源とされたり、さらに複雑な物質に合成されたりして植物が生きるのに役立っています。

 第 8 問

プリムラ・ポリアンサの種子を取りたいと思い、人工受粉を試みました。ピンセットで雄しべのやくを取り、同じ花の雌しべの柱頭に花粉をつけたのですが種子はできませんでした。なぜできなったのでしょうか?

    ①  花には2つの型があり、異なる型の花の花粉を受粉しなかったため
    ②  雄しべと雌しべの成熟する時期が異なるため
    ③  最近の園芸植物はF1種子を用いているため
    ④  特定の昆虫による媒介がないと受粉しないため

  • 正解: 花には2つの型があり、異なる型の花の花粉を受粉しなかったため

雄しべと雌しべを備えた両性花をつける植物の中には、近親間での種子形成を回避し、遺伝的に優れた子孫を残すためのしくみを持つものが知られています。
プリムラは異型ずい現象を示す植物として有名であり、同じ品種でも雌しべの柱頭が高い位置、雄しべの葯が低い位置にある長花柱花と、それとちょうど逆の位置に柱頭と葯をもつ短花柱花の2つのタイプがあります。自家受粉も含めて同タイプの花の間の受粉では、種子を作りにくく、異なるタイプ間の受粉では、種子を作りやすくなります。他にもタンポポやオオバコに見られる雌雄異熟(雌しべと雄しべが成熟する時期が異なる性質)、果樹などで知られる自家不和合性(接ぎ木や挿し木でふやされたものも含んだ、同じ個体の花粉では種子を作らない性質)などがあります。

 第 9 問

木管楽器「ファゴット」の、この名前の語源はフランス語で、あるものの形によく似ていることに由来しています。あるものの形とは何でしょうか?

    ①  花束
    ②  薪の束
    ③  発芽した大豆
    ④  植物の茎

  • 正解: 薪の束

一般的に「ファゴット」と呼ばれる木管楽器は、国によって名前が違います。ドイツ・イタリア語圏ではファゴット(Fagott・Fagotto)、英語ではバスーン(Bassoon)、フランス語ではバソン(Basson)と呼ばれています。ファゴットの語源はフランス語で「束ねられた2本の木」を表す「Fagottez」に由来するといわれています。ファゴットが、長い管を一度折り返し、管を束ね合わせたような構造をしていることから、この名が付いたといわれています。ファゴットは低音のダブル・リード楽器で、折り曲げた管をのばせば全長は2m半近くになります。

 第 10 問

ミカン科の植物で、葉や果実に独特の芳香と辛みがあり、日本の代表的な香辛料や薬用として利用されています。新芽や若い葉は香りが強く、通称「木の芽」と呼ばれます。
この植物は何でしょうか?

    ①  ミョウガ
    ②  サンショウ
    ③  ユズ
    ④  ショウガ

  • 正解: サンショウ

サンショウは、日本の代表的な香辛料や薬として、若葉、果実、種子、果皮、樹皮のすべてを利用しています。「ハジカミ」とも呼ばれていましたが、後に伝来したショウガを「くれのはじかみ」と呼び、サンショウを「なるはじかみ」「ふさはじかみ」と呼んで区別するようになりました。若葉は通称「木の芽」と呼び、煮物や汁物に用いたり、味噌にすり込んであえ物にしたりします。花は「花サンショウ」といい、佃煮風の付け合わせにしたり、未熟果を「青サンショウ」、完熟した実を「実ザンショウ」と呼び、共に香料として用いられています。完熟した実を粉末にしたのが「粉ザンショウ」で、焼き物の薬味とされています。果皮を七味唐辛子の香料に用いるほか、樹皮も乾燥させて汁物の吸い口にしたり、種子の油を香料や薬用に用いたりと利用方法は多様です。
サンショウの木で作った「すりこぎ」も高級品として昔から使われています。

 第 11 問

この野菜は、生でサラダにしたり、ゆでてあえ物やおひたしにしたり、いため物などにもよく使われます。
この野菜は何でしょうか?

    ①  レタス
    ②  ホウレンソウ
    ③  ハクサイ
    ④  キャベツ

  • 正解: キャベツ

キャベツは一年中流通する最もポピュラーな野菜のひとつです。とんかつの付け合わせやサラダなどの定番メニューに欠かせません。夏が冷涼なヨーロッパ原産のため高温に弱い性質がありますが、夏でも高原地帯で栽培されるため一年中店頭に並びます。流通する多くのキャベツは中心が丸いキャベツですが、そうでないものもあります。
他の選択肢、レタスもサラダの定番として利用され、流通しているものの多くは丸い形をしていますが、キャベツより葉につやがあります。ホウレンソウもごく身近な野菜でおひたしなどに利用されますが、丸くはなりません。ハクサイは冬野菜で、主に鍋料理や漬け物に利用され、キャベツのように丸くなりますが、白い部分が多く、比較的細長くなります。

 第 12 問

この植物の果実を乾燥させ粉末にしたものは、料理によい香りと辛さをつけます。コロンブスがアメリカ大陸に到達したのも、これを求めてインド大陸を目ざしたからといわれています。
この植物は何でしょうか?

    ①  ケシ
    ②  サンショウ
    ③  トウガラシ
    ④  コショウ

  • 正解: コショウ

中世のヨーロッパでは、秋の終わりに家畜の肉を塩漬けや燻製にして保存し、長くてきびしい冬の間の食料にしていました。コショウには防腐効果や、よいにおいをつける賦香効果があるため、だれもが肉の保存のためにコショウを欲しがりました。ヨーロッパでインドのコショウに高い値段をつけていたアラビア商人の中継なしに、インドから海路で直接コショウを買いたいと思うヨーロッパ諸国の希望が、航海技術の発達を促進し、15世紀にはコロンブスのアメリカ大陸の到達につながり、大きく世界の歴史を変えました。
コショウの果実は長い軸の上にぎっしりと集まってつき、垂れ下がります。熟す前の果実を乾燥させたものがブラックペッパー、完熟した果実の外皮を取って乾燥させたものがホワイトペッパーです。グリーンペッパーは未熟な果実を塩水やビネガーに漬けたり、冷凍または低温で短時間で乾燥させたものです。ピンクペッパーは赤く色づいた実をグリーンペッパーと同じ方法で果皮の色を保ったものです。

 第 13 問

写真の植物の樹皮は箒や植木職の使う縄などの材料として使われています。また、幹は古くから梵鐘(釣り鐘)を鳴らす撞木の材として用いられています。
この植物は何でしょうか?

    ①  バショウ
    ②  ココヤシ
    ③  イチイ
    ④  シュロ

  • 正解: シュロ

寺院の鐘は周辺の地域に時を知らせたり、大晦日に108回の除夜の鐘を鳴らしたりすることが本来の役目です。鐘をつく撞木は、古くからシュロ(棕櫚)の幹が使われています。
シュロはヤシ科シュロ属の常緑樹です。この木の木部は雨や風に強く、四方が吹き抜けの鐘楼で使用するのにふさわしい材とされ、木口も年輪がなく弾力性に富み、鐘に衝撃を与えることが少ないといわれています。樹皮は箒や縄の材料としても知られ、今では庭園の手入れ(ガーデニング)などに、愛好家にも使われるようになっています。

 第 14 問

ドライフラワーとしてよく知られ、花弁のように見える総苞片は黄、白、桃、橙、紅、暗紅色などがあり、英語でストローフラワーと呼ばれる植物があります。
この植物は日本では何と呼ばれているでしょうか?

    ①  ムギセンノウ
    ②  カイザイク
    ③  センニチコウ
    ④  ムギワラギク

  • 正解: ムギワラギク

ムギワラギク、通称カイザイク、帝王貝細工とも呼ばれますが、カイザイクは別属の植物です。
ムギワラギクはキク科の花のように開き、いろいろな色がありますが、カイザイクは白いカサカサの総苞が包んでいます。また、カイザイクには茎や枝にひれがついていることが特徴です。枝で採集してきて束ね、逆さにつるして乾燥させることもできますが、花(花冠)だけを摘み取り、一輪ずつにワイヤーをさして乾燥させると、コサージやリース作りなどに利用範囲が広がります。ムギワラギクは花茎を2〜3mm残して、花茎から花托までワイヤーをさします。ボンドなどをつけなくても茎が乾燥して堅くなり抜けなくなります。ワイヤーをさした花は植木鉢などに広げてさし、乾かして使用します。

 第 15 問

この植物は、葉が香辛料として西洋料理に欠かせないものであり、また、枝葉で編んだ冠は勝利のシンボルとして有名です。
この植物は何でしょうか?

    ①  モチノキ
    ②  ネズミモチ
    ③  ゲッケイジュ
    ④  イヌビワ

  • 正解: ゲッケイジュ

ゲッケイジュは地中海沿岸原産のクスノキ科ゲッケイジュ属の常緑の小高木です。
古代ギリシャ、ローマではこの木の枝葉で編んだ冠を勝利のシンボル、栄誉のしるしとして使いました。今でもオリンピックで開催国によっては優勝者にこの枝葉で作った月桂冠を与えています。
この木には香りのよい成分が含まれているので、葉を採って陰干ししたものはローレルの名で食材店などで売られています。肉や魚を使った料理には欠かせない香辛料です。雌雄異株で雌株は花後結実し、果実は球状で黒紫色に熟し、果肉には芳香があり月桂油を含んでいます。
他の選択肢、モチノキはモチノキ科で雌株につく果実は赤く熟します。ネズミモチはモクセイ科で果実は大きな円錐状にまとまって枝先につきます。イヌビワはクワ科の落葉低木〜小高木で、果実は黒紫色となりイチジクに似ているが小型です。

 第 16 問

「しずかな しずかな 里の秋…」と始まる童謡「里の秋」の歌詞の中で、主人公は母親と囲炉裏で、ある植物の実を煮ながら、戦地にいる父親の笑顔を思い出しています。
この植物は何でしょうか?

    ①  マツ
    ②  クリ
    ③  クルミ
    ④  トチ

  • 正解: クリ

「里の秋」は、斎藤信夫作詞、海沼実作曲による愛唱歌です。
太平洋戦争勃発から間もない1941年12月、斎藤は戦地への慰問文の形をとった童謡を書くことを思いつきます。「父はいま戦地。囲炉裏端では、小学校4年か5年の男の子が、鉛筆をなめなめ、父への慰問文を書いている」と彼は後に回顧しています。斎藤は作品を「星月夜」と名づけました。その4年後、終戦を迎え、NHKから復員兵を迎える歌を依頼されていた海沼は、3番として兵隊さんを迎える歌詞を新たに書き加えてほしいと依頼し、それとともにタイトルも「里の秋」に変えられました。
1 しずかなしずかな里の秋
 お背戸に木の実の落ちる夜は
 ああかあさんとただ二人
 栗の実煮てますいろりばた
2 あかるいあかるい星の空
 鳴き鳴き夜鴨の渡る夜は
 ああとうさんのあの笑顔
 栗の実食べてはおもいだす
3 さよならさよなら椰子の島
 お舟にゆられて帰られる
 ああとうさんよ御無事でと
 今夜もかあさんと祈ります

 第 17 問

ハロウィーンには大きなカボチャのランタンがつきものですが、この行事の発祥地であるアイルランドでは、カボチャではなく、ある野菜をくりぬいてお化けランタンを作っていました。のちにアメリカへ移住した人たちがカボチャを用いるようになりました。もとの野菜は何だったのでしょか。
※問題の写真はカボチャのランタンです。
    ①  スイカ
    ②  トウガン
    ③  ヒョウタン
    ④  カブ

  • 正解: カブ

ハロウィーンは古代ケルト人のお祭りで、10月31日を1年の終わり、すなわち大晦日に定め、あの世との通路が開かれる夜と考えました。もとは秋の収穫を祝い、悪霊を追い出す行事だったのですが、その後、キリスト教の影響を受けて、11月1日の万聖節の前夜祭となりました。
ハロウィーンのシンボル「ジャック・オ・ランタン」はカボチャの中身をくりぬいて目、鼻、口を彫り、中にロウソクを立てた提灯ですが、もとはカボチャではなく、カブで作って魔よけとしていました。19世紀、アメリカへ移住したアイルランドの人達によってこの祭りもアメリカに伝えられ、カブに代わって生産量の多いカボチャが使われるようになったのです。

 第 18 問

種子や果実がかぎづめや粘液により、人や動物の肌や衣服にくっついて運ばれて種が広がることを付着散布といいます。付着散布によって分布を広げる種子や果実は、ひっつき虫と呼ばれています。
ひっつき虫のうち、粘つく粘液によって種子を付着させる植物を下記の中から選び番号を答えてください。

    ①  チヂミザサ
    ②  オナモミ
    ③  ヌスビトハギ
    ④  キンミズヒキ

  • 正解: チヂミザサ

秋の野山を散策したときに衣服に種子が付着して大変だった経験を持つ方も多くいると思いますが、これらの種子はひっつき虫またはくっつき虫と呼ばれ、かぎづめ状のとげや粘りのある粘液で、人の服や動物の毛に付着させることで種子を遠くまで散布させています。 かぎづめ状のとげのひっつき虫は、衣服に簡単に付着するだけでなく、何度でも引っ付くことが可能なことから、その形状を模した面ファスナーの開発にもつながっています。

 第 19 問

セイタカアワダチソウは秋に花をつけます。この花の花粉がアレルギーの原因になると嫌われていますが、この植物について謝っているものを一つ番号で選んで下さい。

    ①  原産地は北アメリカです
    ②  茎がすだれや数寄屋造りの天井などに利用されることがあります
    ③  この植物が出す物質によって、他の植物は生育が抑えられます
    ④  この花からとったハチミツはアレルギーの原因になります

  • 正解: この花からとったハチミツはアレルギーの原因になります

セイタカアワダチソウは戦前に北米大陸から日本に入ってきた帰化植物ですが、高度成長期に爆発的にその生育範囲を広げました。個体密度が高いことと、その花粉がアレルギーの原因になることから嫌われています。この爆発的生育には、この植物の根から物質(デヒドロ−マトロカリア-エステル)を出して、他の植物の生育を抑えること(こうした現象を多感作用といいます)によると考えられています。ハチミツ業者が蜜源植物にしたり、その茎が軽く渋い色のためにすだれなどに使われたりもしています。

 第 20 問

公園などに植えられることの多いこの植物は、秋になると写真のように紅葉します。その葉はモミジのような形をしており、球形の集合果を枝先にぶら下げるように着けます。
この植物名を下記の中から選び番号で答えてください。

    ①  イロハモミジ
    ②  カエデ
    ③  トウカエデ
    ④  モミジバフウ

  • 正解: モミジバフウ



モミジバフウのフウは「楓」と書きますが、カエデの仲間ではありません。「楓」は、音読みでフウ、訓読みでカエデです。中国ではフウ科のフウをさしますが、日本では、ムクロジ科カエデ属の総称のカエデを意味します。回答選択肢1〜3のようなカエデ属は果皮の一部が翼のようになった翼果を付け、フウ属植物は球形の集合果を付けます。フウ属には中国・台湾原産で葉身が3裂するフウと、北米中南部原産で葉身がモミジの様に5裂するモミジバフウがあります。ともに紅葉が綺麗なこともありともに公園などに植えられます。 日本の漢字には、「松」のように中国から伝来し、同じ意味で使われるものと、我が国で作られた「榊」のような国字がありますが、「楓」は中国伝来で音と訓が違った意味で用いられる漢字です。